コンタクトレンズの製造は複雑、しかも難しいので、世界市場を支配するのは国際的なメーカしかありません。台湾のメーカーは誰も挑戦しませんが、優你康光學は1992年に創立しました。

「難しいことはチャンス」の信念で、優你康光學は自社開発に拘り、カラーコンタクトレンズとシリコーンハイドロゲルレンズも挑戦し、機械設計・モールド開発・材料開発・ユニークなプロセス・包装デザインと販売承認取得などを着手して、優你康光學の揺るぎない基盤を築きました。

ゼロ欠陥・創新・堅実経営を目標として、2010年に優你康光學は台湾と東南アジアでトップ5の使い捨てカラーコンタクトレンズメーカーになりました。

今は新竹の本社工場と第二工場以外、2018年に台中の第三工場を作りました。より競争力ある製品とサービスを顧客に提供し、双方に有利な状況を作り出すことを目指しています。